岐阜県可児市で整体院を営む院長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは、夏バテ大丈夫!?

夏バテにどうしてなるの?

081888.jpg

夏バテは「なんとなくだるい」といった体の不調ですね。

本来人間の体は、高温・多湿な状態だと、体温を一定に保とうとします。

しかし暑さのせいで、必要以上にエネルギーを消費することで、体にかなりの負担を強いることになります。

多くの場合は、その負担に耐えられるようですが、過度に負担が強くなったり、毎日続いたりすると、その暑さに対応することができなくなって、 体に溜まった熱を外に出すことができなくなるのです。

そうなると、熱やだるさが出て、胃腸の働きが弱まったりします。

このような無理が続くことによって、体力が限界に達して来ている状態のことを夏バテと言います。

夏バテには様々な要素が絡み合って起きているのですが、

特に、自律神経の不調、水分不足、胃腸の働きの悪化が大きな原因と言われています。

自律神経が疲れてくると・・・

人間の体は、外気の温度が上がると、汗をかいたり血管を広げたりして体温を逃し、暑さに対応しようとします。

この体温調節は自律神経の働きによるものです。

たとえば、外で汗をかいている状態で冷房の効いた部屋に入っても、体はすぐに冷房の効いた部屋の温度の変化にはついていけないため、態勢を切り替えることができません。

本来なら熱を出す必要のない環境で、熱を放出することになってしまいます。

そのようなことを繰り返し行うことにより、体温を調節する自律神経のリズムが乱れて自律神経失調症を引き起こすのです。

これがひどくなると、めまい、食欲不振、頭痛などの症状が起きます。

水分不足を起こすと・・・

熱を体の中から放出して「汗」をかくには、その元となる「水」が必要になります。

汗をかいて、体から熱を放出しないと体が高温に保たれてしまいます。

そのことによって、人間の体は不調をきたしてしまうのです。

夏場は、軽作業でも1日2~3リットルの汗をかいています。

だからこれを補うだけの水分を補給しないと、頭痛、鼻水、むくみなどが起きてきます。

ひどい時には下痢や嘔吐などの症状が出る場合もあります。

胃腸の働きが悪くなると・・・

暑さのせいで体の中の温度が高くなると、胃腸への血流が少なくなってしまいます。

また、汗を多くかくことで体内の塩分が不足し、胃酸も減ってしまいます。

このような状態で清涼飲料水やビールなどの冷たいものばかり飲んでいると、胃をこわしたり、下痢を起こしたりします。

さらに、胃腸の温度が下がり、 消化器官内の消化酵素の働きも低下し栄養の吸収も悪くなり食欲が低下してしまいます。

それに加えて、自律神経の失調により、更に胃腸の働きが落ちます。

胃腸の働きが落ちると、体力は減少し、疲れはたまり、ますます自律神経の働きが悪くなってしまうのです。

このように自律神経の失調と胃腸の働きの低下がどんどんお互いを悪化させていく関係に陥ってしまいます。

これが夏バテがひどくなる原因とも言えます。

夏バテで注意する点

汗をかくことが多い夏場は、ビタミンやミネラルの消費が激しいので、積極的に補給する必要があります。

特に、新鮮な野菜、果物、豆類を摂ることです。

また、生活にリズムをつけ、自律神経の働きを整える必要があります。

そのためには適度な運動が効果的です。

ストレス解消や食欲増進にも運動は有効です。

ウォーキングやラジオ体操のような運動が適しています。

b434b212d642a8e103ca78eb5547a7bb_s.jpg

それと夜更かしをせず,十分な睡眠を摂り,疲れを翌日に持ち越さないことです。

いろいろありますが、規則正しい生活を送ることが最も大切です。


ポチッとお願いします(∩´∀`@)⊃  
 ↓↓↓
にほんブグ村 健康ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 岐阜県可児市で整体院を営む院長のブログ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。